多くの人が求めるもの、それは「美味しさ」です。

美味しいものを食べると、人は幸せを感じます。
幸せな人を、幸せな瞬間を増やすために、今日も麦やは頑張り続けます。

凛とした白木の香りと、焼きたてパンの香りで、思わずほっこり。お迎えの「ようこそ!」という挨拶で、幸せな時間が始まります。
見た目に美しく、食べて驚きのパン達が、宝石のように飾られています。「こんなパン屋、見たことない」。
そうです、「こんなパン屋、できました」。

麦やは考えます。「食パンは、なぜ好きなものを好きな分だけ買えないの?」こんな想いにお応えします。
例えば、「麦や食パンの4枚切りを1枚と、十七穀ブレッドの6枚切りを2枚」。
こんな買い方ができたりします。
一人暮らしや少人数家庭など、食パン1斤を買うと、数日は同じものを食べなければならず、当然日に日に固く美味しくなくなっていきます。
スライスサービスコーナーでは、食パン1枚から、焼きたてのものをお切りし、購入頂けます。あるようで、無かった。手間はかかるが、麦やの心意気です。

答えは、「焼き上がり時間」です。
それぞれのパンのPOPに、焼き上がり時間が記録された札がつけられています。
パンが焼きあがったと同時に、時間が書き込まれます。
麦やでは、焼き上がりから「2時間」を経過したものを焼きたてとして販売しないので無情にも棚から下げられてしまいます。
ただ実態は、ほとんどのパンが2時間以内に売れてしまうので、フードロスのご心配は不要です。

Copyright (C) 2020 kawashimaya corp.All rights reserved.